四国大学スポーツポータルサイト

四国大学

競技結果

NEW

陸上

2022.9.12

日本インカレ 三田が円盤投で5位!百々が七種競技で徳島県記録更新!

9/8(金)~11(日)に「天皇賜杯 第91回日本学生陸上競技対校選手権大会(日本インカレ)」が京都府のたけびしスタジアム京都で開催されました!

学生最高峰の今大会において、本学からは過去最高の9名が出場権を獲得し、8名が出場しました!

 

【1日目】

女子100mに相方紫帆(経情1)が出場し、13.03(-1.4)でした!

今季は怪我のため5カ月ぶりの試合出場となりましたが、学生最高峰の舞台に立てたことに感謝し、今後も頑張っていきます!

 

男子ハンマー投には喜多翼(経情1)が出場し、3回目に56m70をマーク!

日本インカレのレベルの高さを実感しました!まずは60mを投げれるように頑張っていきます!

 

 

【2日目】

女子円盤投に岩見琉音(生活1)が初出場し、1回目に40m16をマーク!

来年は今大会で入賞を目指し、日々トレーニングに励みます!

 

女子三段跳に佐々木羅良(経情3)が初出場し、2回目に11m71(-0.1)をマーク!

人生初の全国大会を経験し、今の実力を発揮することができました!

今後も自己ベスト更新を目指して頑張ります!

 

男子円盤投に三田穂貴(日文4)と長瀬優作(日文3)が出場!

長瀬は今大会初出場し、2回目に43m88をマーク!

来年もこの大会に出場できるよう、頑張っていきます!

 

三田は4年連続日本インカレ出場!大学最後の日本インカレで入賞を目標にトレーニングに励んできました!

三田は3回目に50m43を投げ、見事5位入賞を果たしました!

今大会において三田は初入賞、本学の日本インカレ7年連続入賞を果たしました!

 

【3日目】

女子砲丸投に三田樹梨香(経情1)が初出場し、3回目に12m78をマーク!

来年は今大会で入賞を目指し、引き続きトレーニングに励みます!

 

大会2日目と3日目の2日間で行われた女子七種競技に、百々市雛(児童3)が出場!

残暑厳しい2日間で、走高跳と走幅跳の2種目で自己ベストを更新!

7月の西日本インカレで20年ぶりに徳島県記録を更新(4773点)していた百々ですが、今大会でも4872点と99点記録をのばし、自己ベスト&徳島県記録を更新しました!

8位入賞には惜しくも1点足りませんでしたが、最高の舞台で成長した姿を見せることができました!

来年は全国入賞を果たせるよう、頑張っていきます!

 

今年は4回生2名、3回生3名、1回生4名の過去最高の出場権を獲得しました!

来年も多くの選手が出場し、さらに連続入賞が続けられるようチーム一丸となって成長していきたいと思います!

沢山の応援ありがとうございました!

 

【結果】

・三田穂貴(日文4)男子円盤投 50m43(5位)※初入賞

・百々市雛(児童3)女子七種競技 4872点(9位) ※自己ベスト&徳島県記録更新

・佐々木羅良(経情3)女子三段跳 11m71(-0.1)

・長瀬優作(日文3)男子円盤投 43m88

・相方紫帆(経情1)女子100m 13.03(-1.4)

・喜多翼(経情1)男子ハンマー投 56m70

・岩見琉音(生活1)女子円盤投 40m16

・三田樹梨香(経情1)女子砲丸投 12m78

・木村美海(メディア4)女子走幅跳 欠場

 

※今大会の結果は、「日本学生陸上競技連合HP」に掲載されています。

一 覧